あの二千円札はどこに行った?

二千円札

皆さんは、二千円札というのがあったのを覚えていらっしゃいますか?

私も、もう10年以上二千円札を見たことが無いような気がします。

二千円札が発行されたのは、ちょうど西暦2000年のミレニアムで沖縄でサミットが開かれた時でしたが、その当時は、私も何回か手元に二千円札の現物を持っていたので、実際に使った記憶があります。

デザインは、表に沖縄の守礼門、裏には源氏物語の絵が印刷されていて、とってもきれいなお札だったイような・・・・

この二千円札、ほとんど流通していないので一見、希少価値があると思ってしまった私ですが、調べてみると、実は、まだまだ山のように日本銀行の中に眠っているそうで、沢山余っている状態。印刷自体も、2003年以降は行われていません。

そもそも余っている状態なので、全くプレミアとか希少価値は無いんだそうです。( ̄▽ ̄;)

千円札が欲しい方は、近所の銀行で両替してもらったりすれば即ゲットできるそうですよ。

二千円札が、残念ながら普及しなかった背景には、発行開始された当時の自動販売機やATMの対応が遅れたのが主な原因だと言われていますが、「使い難い」という意見も多いですね。

私が思うに、アメリカでは20ドル札とか、イギリスでも20ポンド札とか普通に使われているみたいなので、要は、慣れの問題だと思うんですけど・・・・

今の自販機は、機能的には二千札に対応できているのが多いらしいですが、流通量が少ないためベンダー側で使えない設定にしてあるそうです。

ただ、さすがに二千札に印刷されている守礼門の地元である沖縄では、普及活動によって普通に流通しているらしい・・・・