イチゴの開花の季節ですね

イチゴの花

サマールビーの花

もう3月の中旬に入りましたが、だんだんと日中は暖かくなってきましたね。

我が家のイチゴは、2月に藁を使って簡単なマルチングを施しました。

そもそも、どうしてマルチングするのか?という事も私は知りませんでしたが、ネットで調べてみると防寒や防暑、霜害や土の乾燥の防止、それと雑草が生えてくるのを防止するためにするのだそうです。σ(^◇^;)

私的には、イチゴの実がなった時に、土に接触しないようにするためにも有効なんだと思っています。

我が家のイチゴは、サマールビーととよのかの2種類がありますが、サマールビーは四季なりイチゴですので、2月でも花が咲いているのもありました。

ただ、イチゴの栽培の本によれば3月上旬までに咲いた花には、あまり良い果実は成らないと書いてあったので、3月上旬までに開花した花は摘花しました。

3月中旬以降から開花したした花からを実らせるのが良いらしいです。

サマールビーの花

 

イチゴの花

去年の春はホームセンターから購入した5~6個の苗しかありませんでしたが(こちらは去年の6月の我が家のイチゴの様子です)、今年の春は、ランナーからポット苗を増やしてプランターに移したものが70程あります。

自家製の苗が春を迎えるのは今年が初めてですので、どれくらいのイチゴの実が成るのか?少し楽しみにしています。

スーパーなどで見かけるイチゴの実は、イチゴ農家が育てたものなのでメチャクチャ大きくて美味しそうですね。

残念ながら、私はどうしたらそんなに大きなイチゴの実ができるのか、まだ良く分かりません。多分、肥料などをいろいろと工夫しないといけないのだろうと思います。

私が作る今年のイチゴは、多分、小さなイチゴしかできないのだと思いますが、どうしたら大きなイチゴの実を作れるのか?というのは、今後の課題ですね。