2014ワールドカップ(ブラジル)日本は初戦黒星スタート

2014ワールドカップ ブラジル大会

2014年、ブラジルでのサッカーワールドカップで、日本サムライジャパンの初戦は残念ながら黒星スタートとなってしまった。 ( ̄◇ ̄;)

対戦相手はアフリカNo1とも言われていたコートジボワールだった。

日本のサッカーは、今やアジアNo1とも言われているし、今や、本田や永友、香川に川島など海外のリーグで活躍する日本人選手も増えてきていている。

昔よりかなり世界レベルのサッカーに慣れてきている選手が増えてきた中で、今回のワールドカップは、かなり期待していた日本国民も多いはず・・・・

本田は、やはり先制で得点してくれたところはスゴい!ヽ(*^^*)ノ

本田が1ゴール決めて前半の日本チームの戦いはかなり良かったと、テレビのキャスターたちも口を揃えて言っていたが、残念なことにコートジボアールのドログバが入ってきてから2分間に2得点もされてアッという間に逆転された。

相手のチームのエースが一人投入されただけで、こんなにも試合の流れが変わってしまうのか?と思うほど、やはり、サッカーは甘くないですね。

今朝のテレビでラモスが「ホントは勝てる試合だった。日本チームは自分たちに敗けた」と言っていたけど、ほぼ当たってると思った。

まあ初戦で負けちゃったのは、もう終わったことなので仕方がありません。

コートジボワール戦で得た教訓を生かして次のギリシャ戦では頑張って欲しいですね!

p(^○^)qガッツだぜ!