中国産の肉や野菜、加工食品は超危険!!?

LINEで送る
Pocket

非常に危険です!!
非常に危険です!!

昨日、テレビのニュースなどで騒動になっているのが、中国の上海福喜食品という会社が保存期限を超えた鶏肉を使ってチキンナゲットを作っていて、それを日本マクドナルドとファミリーマートが仕入れて販売していたという、私たち日本人にとっても、とても身近な食の安全の問題に関する事件です。 ∑( ̄Д ̄;)

この事件は、上海テレビの取材によって発覚したものです。

保存期限を超えた鶏肉を使っていた上海福喜食品の工場の作業員が言うには「別に死にはしないから大丈夫!」だと言っているのがビデオに収められていることにもあきれてしまいました。

更に、保存期限を超えた鶏肉を使うだけではなく、床に落ちた鶏肉を拾い上げて、そのまま機械に放り込んで使ったり、チキンナゲットに使わない「鶏皮」まで混入させて・・・・・

チキンナゲットの加工ラインでは、手袋も着けずに素手で製品を扱っていたり、マクドナルドの立ち入り検査を欺くような偽装工作も行っていたことも発覚し、かなり悪質な会社であることも暴露されてしまった。

しかし、中国共産党が、上海テレビの取材したこの事件を世界に報道させた背景には、上海福喜食品という会社が、実は、米国の大手食品加工会社「OSIグループ」の子会社であることが関係していると思われます。

この会社が中国の国営企業であったらならば、多分、この事件は闇に葬られて表に出てくることは無かったであろうことは容易に想像できます。

この事件に関する関連記事はコチラ>>中国産の鶏肉に対する日本マクドナルドとファミリーマートの対応

ところで、中国産の鶏肉だけではなく、豚肉やその他の肉や野菜なども安全ではないようです。

livestock_m02livestock_a20ホウレンソウt_farming_a03

中国の鶏は、成長ホルモンや抗生物質などを投与されて薬漬けになっていることも、日本ではあまり報道されていませんし、中国では病死した豚を廃棄せずに市場に出荷したりと、平気で行っているらしい・・・・

中国産の野菜に関しても、近年の中国国内の環境汚染が原因で重金属が含まれていたり、また、農家が過剰に農薬を使っているのでかなり危険みたいです。

お米からはカドミウムが検出されたり・・・・(;’□’)!!

アメリカで、中国で生産されたドッグフードを食べた犬が1000匹以上死んだという報告もなされているのは恐ろしい限りです。

実は、表にはあまり出てきていませんが、日本のファストフードレストランやファミレス、コンビニでも、今回の日本マクドナルドやファミリーマート同様に中国の食品加工会社が製造した食品材料を扱っているようです。

私が知っているだけでも、日本のあるコンビニチェーンは、店内でフライドチキンなどファストフードを販売していますが、これらの食材もほとんどは中国産です。

今回の日本マクドナルドやファミリーマートの件は、実は氷山の一角なのだと思います。
他にも、中国産の肉や野菜は、沢山、日本に入ってきているのだと思いますが、更には加工食品や冷凍食品のような目立たない形で中国産の肉や野菜などが、多く日本に入ってきているのだと想像できます。

どうやら、私たちも、スーパーで買い物する際には、中国産の食品や中国で加工された食品には注意して行かなければならないようですね。 ( ̄◇ ̄;)

 

LINEで送る
Pocket