ガソリンの価格高騰とエコカー

エコカー

最近のガソリンの価格高騰は凄いですね。1Lで165円とか、半端ないです。( ̄▽ ̄;)

今のガソリン価格の高騰は、ウクライナ情勢とイラク情勢が主な原因だと言われています。

インターネットで、ガソリン価格の推移のグラフを見てみましたが、実は、2008年あたりは、当時のイラク情勢の悪化で、1L180円まで高騰していた事実があります。

私なんか、もう当時の記憶は有りませんけど。

今の状態が長く続くならば、ハイブリッドカーや電気自動車に人々はシフトしていくでしょうね。

お金持ちの人は、今度、トヨタが市販する計画の1台700万円の燃料電池車などを買う人もいるでしょう。

燃料電池車は、水素で電気を発生させてモーターを動かすという仕組みだそうで、排気ガスなど一切なく、出てくるのは水だけ・・・という究極のエコフレンドリーな車です。

日本社会も、いつかは化石燃料を使う自動車から電気乗車や燃料電池自動車にシフトしなければならない時期が来るのでしょうが、今回のガソリン価格の高騰は、それに拍車をかけることでしょう。

ある意味、エコカーの推進に一役買っていると言っても、あながち、間違いではありません。

近い将来、路上で走っている車のほとんどがハイブリッドや電気乗車、それに燃料電池車に変わる日も近いのかもしれませんね。(*^_^*)