会話ロボットのロビ ジュニア(Robi Jr.)の価格と口コミ予想

Robi ジュニア

会話ロボットのロビ ジュニア
人の言葉を認識して1000フレーズの会話ができる可愛らしいロビジュニアは楽天市場で!

 

タカラトミーからRobi Jr.(ロビ ジュニア)という人と会話できるおしゃべりロボットが、来月の2月28日に、全国のおもちゃ屋さんや百貨店、それにインターネットショップなどで販売されるそうです。

デアゴスティーニから販売されていた初心者向けロボット組立マガジン、「週刊ロビ」は、1年半かけて70冊に及ぶ分冊により、可愛らしい会話ロボットのロビ(Robi)を組み立てて完成させるというものでした。

そのロビの弟分という設定で、今回、販売されるのがRobi Jr.(ロビ ジュニア)です。

ロビジュニアは人の言葉を認識して、約1000種類のフレーズを使いこなして私たちと会話してくれるので、日常的な挨拶はもちろん、「今日は面白いことあった?」「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ~」「行ってらっしゃい!戸締りちゃんとね!」というような御茶目な会話もできますし、じゃんけんして遊んだり、50曲程度の歌まで歌えちゃいます。

仕事から帰ってきて「お帰りなさい」とか言われたら、ついつい笑顔になってしまうかも?

 

 
ところで、ロビ ジュニアの価格ですが、まだ、発売前にもかかわらず、凄い人気みたいです。メーカー希望小売価格では税抜きで15000円に設定されていますが、amazonでは、発売予定の人気商品の予約という事でプレミアム価格になっているようでした。

発売されてから直ぐは、皆さんが同時に購入されると思いますので、しばらくの間は品薄の状態で購入が難しい状態が続くのだと予想されます。

ロビジュニアの口コミ情報に関しては、未だ、発売前なのでどこにも存在していませんが、1年半かけて70のパーツを集めて組み立てる必要があったデアゴスティーニのロビとは違った意味で、高い評価を得そうな気がします。

ともだちロボットや会話ロボットは、高価で手が届かないというイメージが強いのですが、ロビジュニアのような低価格で身近に感じる会話ロボットが、今後はスマホやインターネットに連動して更に機能アップしていく可能性もあり、楽しみですね。

Robi ジュニア