スワダ(suwada)の爪切りの価格や口コミ・販売店情報

LINEで送る
Pocket

スワダの爪切りは、新潟県の三条市にある株式会社、諏訪田製作所が制作している、知る人ぞ知るニッパー型の爪切りになります。新潟県の三条市と言えば金属加工で有名ですね。

スワダ 爪切り クラシック L

SUWADAの爪切り
切れ味抜群のSWADAの爪切りをお探しの方はこちらへ!

サイズには、レギュラーサイズとスモールサイズがあり、そして、レギュラーサイズの中にクラシックL、クラシック足用、ソフトL、ソフト足用、ミラーLというタイプの爪切りがあります。

そして、スモールサイズの中にはクラシックSとソフトS、ミラーSの3種類があります。

熟練した職人の匠の技によって製作されているスワダ(suwada)の爪切りは、爪を切る際に、刃が爪にスゥ~ッと入って行ってサクッとカットでき、爪を切った後の断面には、爪やすりをかける必要もないほどの切れ味だそうです。

使われている素材は炭素含有量が高いハイカーボンステンレス鋼で、もちろん錆びませんし、料理用の包丁にも使われている素材なので、切れ味の良さが長~く続きます。
巻き爪や変形してしまった爪を手入れに悩んでいる方や、病院での老人介護の際のフットケア、また、爪先を繊細な芸術作品に変えてしまうネイルアーティストなどの方々にもオススメのアイテムです。

●価格、販売店について
販売店については、東急ハンズや日本橋の木屋などが扱っているようですが、ネット上ではサンワの公式サイトや楽天市場、amazonでも取り扱っています。

通常、クラシックLだったらサンワの公式サイトや、楽天、amazonでも7020円で販売されているようです。ですが、楽天市場やamazonの場合では、沢山のショップが参加していますので、格安価格で販売している場合もあります。また、最安値を探したり、他に送料無料などの条件を比較しながら購入すると良いと思います。

●口コミについて
「普通の爪切りを使った時のパチンというカット音も無く、爪が切れてしまうのでビックリ!」という意見や、「切れ味が凄いので爪切りが楽しみになってしまいました。」という意見もあります。

また、「値段は高かったけど切れ味は商品レビューどうりで満足しています」という意見や「父へのプレゼントとして購入。切れ味抜群で足元もスッキリ!良かった!」という意見もありました。

大多数の購入者は、上記のようなポジティブな意見が多いようです。しかしながら、「尖った先が怖い」「切った爪が飛んでしまう」「切れが悪い」などのネガティブな意見も極々少数ですが見受けられました。

スワダ 爪切り クラシック L

LINEで送る
Pocket