タグ・アーカイブ:

桜の花
秋月、杉の馬場の桜が見頃です

昨日は、筑前の小京都とも呼ばれている城下町、秋月へ桜の花見に出かけました。

この秋月の簡単な歴史を紹介しますと、鎌倉時代の1203年から秋月種雄(あきづきたねかつ)が城を造り、約400年間は秋月氏が治めていました。その後は、江戸時代の1624年から福岡藩の分家である黒田長熾興(くろだながおき)が、秋月5万石の領主として治めていて城下町として栄えていました。

…続きを読む